Voice受講者の声

試験合格の喜びの声や講座の様子など皆さまより寄せられた声を、
ご了承をいただいて掲載しております。

2019年2月4日チーズ
鯨岡 康仁さん(流通販売業勤務)
2018年 チーズプロフェッショナル合格
Q1

なぜ資格を受けようと思いましたか?

ワインアドバイザー(現ソムリエ)取得後、しばらく資格の挑戦をしていなかったのですが、やはりワインといえばチーズですし、仕事でもプロとしてワインと同様にチーズを扱いたい、との思いから取得を考えました。

Q2

田崎真也ワインサロンを選んだ理由は?

以前ワインの試験対策講座やワイン中級、クラス田崎などのワインのコースを受講してみて、講義の内容や雰囲気がとても良く、また自分に合っていると思っていたので、チーズプロフェッショナルに挑戦するに当たっては、迷わずここに決めました。
1階にあるフェルミエさんのチーズが食べられるのかな、と思ったのも大きいと思います。

Q3

実際受講してみての感想はいかがでしたか?

アットホームな雰囲気でありながら、試験に必要な基礎から実用的な知識までしっかりと学ぶことができました。
また、先生が親身になって教えてくださるので、約半年ですが、だいぶチーズとの距離が近づいた気がします。
訳あって講義に遅刻してしまった時も、授業後居残りで教えていただきました。ありがとうございます。

Q4

授業のどんな部分が良かったですか?

教本を基にしながら、併せて重要な部分をレジュメでみていくスタイルは、要点が非常に分かりやすく、勉強もしやすいと思いました。
毎回前回の講義内容の小テストがあるのも、大変ですが知識の定着にはとても役立ちました。
そしてなんといっても毎回約10種類のチーズを解説とともに味わうことができるので、そこまでチーズに造形が深くなかった私でも、数多くのチーズに直に接することができ、テイスティングの技術はもとより、その美味しさを体験できたことが良かったと思います。

Q5

勉強した内容が役に立ったことは?

以前は専門店にはあまり足を踏み入れませんでしたが、今はどこででもチーズが買えるようになり、店員の方のお話しも良く頭に入ってきます(笑)。ショップのウィンドーを眺めるたびに、人間知ることによってワクワクは増すものだ、と思っています。
また、晩酌のワインや日本酒にチーズをマリアージュする喜びにも出会うことができ、楽しみが増えました。
もちろん、仕事にも役立っています。

Q6

資格取得により、変化はありましたか?(仕事のまかされ方、周囲に言われたことなど)

職場でも僅かばかりですがチーズを扱いますので、手書きPOPの作成やマリアージュの提案など、以前よりかなりしやすくなりました。今後は仕入れの面、スタッフの教育等、お客様のための知識をさらに磨いていきたいと思っています。

Q7

田崎真也ワインサロンの認定試験対策講座は、どのような方にお勧めですか?またその理由は?

好きなことを趣味として極めたい方、プロとしての現場で役立てたい方、どちらの方も合格という共通の目的に向かって一緒に楽しく学べる場所であると思います。実際様々な方が通ってらっしゃいましたし、クラス会や試験後の打ち上げなどで仲間もできました。
試験の内容は決して楽ではありませんが、約半年間、愛宕山の中腹に頑張って通い続けると、いつの間にかかなり実力がついている、というのが今までワインサロンに通った感想です。
余談ですが、同時期、JSA認定SAKE DIPLOMA認定対策講座も受講し、こちらも合格することが出来ました。この場をお借りして感謝を申し上げる次第です。
愛宕山への道のりは、合格への近道と思っております。

TASAKI SHINYA 田崎真也 オフィシャル ワイン ショップ

まだまだ日本で紹介の少ないキラリと光るワインの数々。田崎真也みずからセレクトしました。ぜひ一度味わってみてください。

まだまだ日本で紹介の少ないキラリと光るワインの数々。田崎真也みずからセレクトしました。ぜひ一度味わってみてください。

公式SNS:サロン情報やワインショップについて、様々な情報を発信しています。